不動産登記、相続、債務整理、契約書、会社設立、医療法人の設立などの司法書士への法律相談 | モリモト司法書士事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満四丁目5-5 マーキス梅田509
06-6311-2710

ブログ一覧

HOME > ブログ一覧

ブログ一覧Blog List

令和

2019.05.10

いよいよ、令和という一つの時代が始まりましたね。

平成を振り返ってみると、様々な変革がありました。

インターネット、スマホによって、私たちの生活は大きく変わりました。

一例として、インターネット普及前は、本は本屋さんで買うものでしたが、Amazonなどの台頭により、本は家に郵便で届けてもらうもの、もしくは、ダウンロードをしてスマホなどで読むもの、という形態が出来ました。

あと、そもそも、検索をすれば大概の情報が手に入るようになり、本自体が売れなくなりました。

そういう訳で、一部を除いて、街の本屋さんは姿を消しました。

沢山の商売が生まれ、沢山の商売が消えました。

 

令和では、どのような変革が起こるのでしょうか。

金融や行政手続きは大きく変わるだろうと思っています。

ダーウィンの進化論の中で唱えたとされる言葉に、

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

とあります。

この言葉を聞いたのは、小学生ぐらいだったと記憶していますが、当時はその意味するところが理解できませんでした。小学生の私は、変化ってナニ?と思っていました(笑)

今になって、この言葉の意味するところが理解出来るようになりました。

楽しみながら、また新たな時代を生きていきたいと思います。

久しぶりの投稿

2017.05.25

せめてひと月に一度はブログも書こうと計画していたのですが、気が付けば

年が明けて、あっという間に5月下旬になっていました。

本当に月日が経つのは早く。。。

さて、私事ではございますが、本年4月より母校である関西大学で非常勤講師として講義を行っております。担当科目は会社法及び商業登記の基礎ということで、登記事項証明書を用いたり、実務で作成している書類の雛形なども使いつつ、なるべく学生さんが興味を持ってもらえるような授業作りを心がけてやっております。

私はというと、このような大学での講師経験は初めてということもあり、様々勉強させてもらい、良い経験をさせてもらっているなぁと感じております。

毎回、出席を兼ねてコメントシートというものを学生さんに書いてもらっているのですが、これを読むのがひとつの楽しみになっています。授業に関する質問やその他もろもろ書いて下さり、私も学生の時はこんな感じだったかなぁなどと感慨にふけることもしばしば。

講義の関係で、本年7月19日までは毎週水曜日の午後4時から6時頃まで携帯電話に出ることが出来ません。事務所電話はつながります。依頼者の皆様にはご負担ご面倒をおかけしますが、ご了承いただけますと幸いです。

寒暖の差もあり疲れも出やすい時季かと思います。

どうぞ皆様ご自愛下さい。

 

 

御礼

2016.12.29

 今年も無事一年を終えることができました。

 なかなか個別に御礼を申し上げることもできませんでしたが、依頼者の皆様、また業務を支えて下さる様々な関係者の皆様などなど、本当にありがとうございました。

 今年の業務上の雑感としては「もう少し早く相談に来てくれていたらな・・・」と思うような案件がちらほらありました。具体的には、不動産の名義人が認知症との診断が下りこの状態では不動産を売却することができない、とか、事業承継として会社の株式及び代表権を会社の部下に譲ったがその部下は仕事もせず、また誰の言う言葉にも耳を傾けないため会社存亡の危機に瀕しているというようなことです。事前に準備することでこういった事態を回避することは十分可能です。問題が起こってからでは遅いのです。今現在の問題でなくても何か思うことがあるのであれば、相談して下さい。相談料は一切いただいておりません。遠慮は不要でございます。

 来年も、問題が起きる前に手を打てるよう予防法務に努めていきたいと思います。

 来年も良い一年になりますように。

 皆様の幸福を願って。

 

セミナーします!

2016.11.07

11月15日(火)18:30より、長田会計事務所内(大阪市中央区徳井町2丁目2−9 米澤ビル徳井町701号)で、「家族信託~遺言、後見に代わりうるもの~」と題してセミナーを行います。

講師は、法務面を私が、税務面を税理士の金井みどり先生が務めます。

内容は、家族信託の基本的な法務及び税務、そして事例を出して、実践的な組み立てを考える、というものになっております。

信託という言葉はよく耳にするが、馴染みがなく、また難しいので敬遠している・・・という士業の先生も多々おられます。そこで、1時間30分のお時間を頂戴し、なるべく具体的な事例もまじえながら、家族信託の可能性を皆様と一緒に考えていきたいと思っております。

参加者は、元々勉強会を定期的にしているメンバーではありますが、参加希望者は随時受け付けています。ご興味をお持ちの方は、私までメール、電話どちらでも構いませんので、ご連絡下さい。

参加費は一品(もの)です。セミナー終了後は各々の持ち寄り品で懇親会をします!(そちらのほうが楽しみだったりしますかね!)

季節が目まぐるしく変わる日々。皆様、体調に留意して下さいね。

 

初めに

2016.10.18

業務の上での様々なこと、その他、備忘録や日々感じたことなど、少なくとも月に一度のペースでブログを更新して参ります。

皆さまから頂戴したご質問やご意見なども参考にさせていただいております。

皆さま、ゆるりとお付き合い下さいますようお願い申し上げます。

さて、以下は私が大事にしている好きな言葉です。

 

「ほとけの教えとはなんですか?」

ゆうびん屋さんが困らないようにね

手紙のあて名をわかりやすく 正確に書くことだよ

「なんだ、そんなあたりまえのことですか」

そうだよ 

そのあたりまえのことを こころをこめて 実行してゆくことだよ

                                                                            相田みつを氏「現代版禅問答」より

 

ついつい、忙しく自分に余裕が無いときは、多方面への配慮に欠けてしまったり・・・ということがあります(元来の素養という面は否めませんが(^^;)。

そんな時は、この言葉を思い出し、自らの戒めとしております。

相手や状況によって区別するのではなく、常に人の心を大事に考えていきたいものです。